洗面ミラー

洗面台を取り付けてから5か月経過したお客様からミラー部分(3面鏡タイプ W=1000)の箱にひびがあるとご連絡があり、拝見させていただくとミラーの取り付け部分(蝶番の後)にひびがありました。メーカーの営業マンにお客様宅に行ってもらい確認してもらうと「工場に写真を送り検証する」とのことでした。この確認に一か月かかりました。工場の見解は「ケミカルクラック」の可能性とのことで新品を送りますので交換してくださいとのことでした。
一人では大きく交換が無理なので確認方々私も同行しました。取り外しの作業を開始すると、ミラー部分が大きく湾曲しました。また、2人で室外に運び出す時に曲がると同時に捻じれが発生しひびの入っている部分を押しているような状態でした。ミラーの取り付け部分はプラスチックの箱で3面鏡を3個の箱で連結している状態でした。1箱1箱をピンでとめてありますが箱全体に剛性がなく、鏡は曲がらないので接合部分の蝶番位置に強い力が加わりひびが入っていました。
「ケミカルクラック」は製造過程が原因で起こる現象と思っていましたら営業マンの説明では「お客様の使用する瓶、スプレーなどが原因で起こるもの」とのことです。
この状態でも工場に持ち帰り検証するとのことです。このようなことを繰り返しているから初期段階で一か月もかかるのでしょう。メーカーには豊富なクレーム事例があると思われます。今回の事例は単純で今回収めた商品だけが低品質とは考えられません。また、若い営業マンは傲慢で全く非を認めようとしませんでした(会社の方針でしょう)。
昨年もこのメーカーの洗面台を取り付けましたが、洗面台の上台部分で表面は立派な人工大理石調でしたが厚みが数ミリしかなく角が割れていました。
文章で書くとわかりにくいと思いますが商品としては2例とも失格です。写真を出すと説明もしやすいのですがメーカーが判明してしまいす。このメーカーには有能で親切な方がほとんどですが今回対応された方々には失望しました。大メーカーですので零細なものに対して傲慢に振舞ってよいものでしょうか?
この項につきましてはメーカー名等ご質問にはお答えできません。先に書きましたが一部の人に対して不快感を持ってしまっただけで、良い商品も多く立派な対応をしてくれる人材もいます。

あるお客様から「車を買えばメーカーの営業マンが親切に対応してくれるが、住宅設備のメーカーの営業マンは挨拶にすら来ない」と指摘されたことがあります。一方的な見方でしょうが、お客様対応のヒントかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です